spoonの今後につきまして

平素よりご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
この度、19年目に入ろうとするspoonは、誠に勝手ではございますが、一旦の区切りとして閉店する運びとなりました。

お客様に育てていただいた職人たちも、手前味噌ではございますが、福岡でトップに位置するであろう技術を持つまでに成長いたしました。
彼らもそれぞれの「夢の道」を作りたいとの志を強く持つようになり、その旅立ちを祝福すべく、一旦の区切りを決心いたしました。

職人・販売スタッフ一同、心を込めて一本一本丁寧にお作りしたオリジナルジュエリーたちを多くのお客様に喜んでいただきましたこと、大変感謝しております。誠にありがとうございました。
なお、spoonでお作りした作品は、今後も制作した職人がメンテナンス等の対応をいたしますのでご安心下さい。

さて、最後に私自身の今後の夢についてお話しさせていただきたいと思います。
「宝石を愛するプロ集団」を合言葉に27年前に企画・生産・卸売を中心とする会社を立ち上げ、2001年にspoonを開店いたしました。
長きにわたり、この業界に身を置く中で、特に福岡において宝石貴金属が大好きで技術を持ち合わせた職人が、その職人としての不器用さゆえに作品を世に出せず、食べていくことも難しいという状況を目にして参りました。
そこで今後は、今あるspoonの店舗と加工器材・ホームページなどを活かして、若き職人たちとお客様をつなぐ場づくり進めていきたいと考えております。
現在その新たな場を中心となってまとめていく若きプロデューサーを発掘すべく、各方面の人々の力をお借りし話し合いを活発に行っているところです。
新しい夢の実現!また私以上に宝石を愛する若者との出会いまで少々お時間をいただきますが、今後ともよろしくお願いいたします。

 

Y.Nakatsukasa

spoon代表 中務 洋一