お世話になりました。

この度、spoonの職人長岡、2019年7月31日をもって退職することとなりました。

今まで、ジュエリーの制作を任せていただいた皆様、修理や加工など任せていただいた皆様、大切な記念の指輪をお作りさせていただいた皆様、本当にありがとうございました。

2010年、イタリアから帰国後、正直何もわからず就職先を求め福岡内のジュエリーショップを周っている中、ふらりと立ち寄ったspoon。
明るくけやきの緑も見える店内、細かく繊細な手仕事によって作られたジュエリーたち。
その日は表に職人さんはいなかったけど、間違いなく「ディスプレイ」などではなくほぼ毎日、実際に使われている加工机がありました。

その日の光景は未だに覚えていますが今思い返すとspoonに初めて来てくれたお客様の感覚はおそらく、僕が初めて訪れた時の少しドキドキしながらでも不思議な高揚感があり、そんな感覚とあまり変わらないんじゃないかな。
そう思うと、直接職人と話せるお店の職人として、そのワクワク感を提供できてるかな。

それから、ご縁でspoonで働くことになり、本当に毎日が新しい経験で制作のことだけではなく、卸業から接客などたくさんの事を学ばせてもらいました。
もう本当に類人猿から人間に進化したレベルといっても過言ではありません。

学生あがりくらいの知識と技術で、でも若さからの自負はありましたからやっかいで、先輩職人のオオハラさんやハシグチさん、そしてミヤタさんにはいろいろ心配もだいぶかけていたと思います。
今もかな??
オーダーメイドやリメイク、ブライダルリングなど、お客様とのお話から生まれるジュエリーを、かたちにすることで喜んでいただける。その喜びを知れたことが自分にとって一番大きなことだと思います。
そのあらゆるご要望に幅広く対応できたのも、このspoonだからこそだと思います。

なので、これからもその想いを受け継いでジュエリー制作に日々精進していきます。
本当にありがとうございました。

今後は、妻と一緒に小さなアトリエのようなギャラリーのような、やっぱりワクワクしてもらえる空間を作っていこうと思います。
どんなになるかはお楽しみに☆

Amber & Pearl

長岡 佑太郎