ありがとうございました。

私、オオハラはspoonを退職することになりました。

spoonで職人として働くようになって丸17年。感謝の気持ちでいっぱいです。

宝石の専門学校を卒業した数ヶ月後からspoonで働き始めました。下っ端も下っ端。師匠やお客さまにいろんなことを教えていただく日々でした。当時は卸の仕事が多くてなかなか終わらず(家の前の信号が23時に点滅信号に変わるのですが)信号が点滅していない時間に帰宅できた時の嬉しさったら!どんな時間に帰ってきても、次の日がお休みだったら一人で飲みに出かけていたなぁ・・・

少しずつオーダージュエリーやリメイクを担当するようになり、お客さまに自分が作ったもので喜んでいただくということがどんなに嬉しいことか、どんなにやりがいがあるお仕事なのか実感するようになりました。正直、お叱りを頂いたこともあります。失敗したり、加工が上手くいくのか不安で眠られない夜もありました。
師匠が退職する時の重圧。自分がspoonの加工にすべての責任を持たなくちゃいけない、師匠の代わりが務まるのだろうかと不安でたまりませんでした。(実際は加工は長岡君と二人で頑張って来たんですけどね!)

でも、今まで続けてこられたのは、本当にお客さまのおかげです。
今、たくさんのお客さまの顔が思い出されます。あのジュエリーを作った時はこんなお話をしたな、ここのバランスにめちゃくちゃ悩んだな、あのジュエリーはお客さまにとてもお似合いだったな。今も活躍してるといいなぁ。
直接お礼をお伝えすることができないお客さまの方が多くいらっしゃるので、ブログでお知らせさせていただきました。

GWいっぱいまではspoonにおりますので、ぜひ遊びにいらしてくださいね。お作りしたジュエリーのメンテナンスも、ぜひ♪
そして、退職はしますがspoonとの縁が切れるわけではありません。なにかあったら、spoonに言っていただければいつでも連絡つきますので。

ありがとうございました。

大原 好