姉妹のお食い初めスプーン

こんにちは、くわずるです。

以前、エンゲージリングとマリッジリングをお作りしたお二人から「お食い初めスプーン」のオーダーをいただきました。

お食い初め(おくいぞめ)とは、お子さまの生後100日目に行われる儀式。新生児は生後100日頃に乳歯が生え始めるので、この時期に「一生涯、食べることに困らないように」という願いを込めて食事の真似をさせる儀式です。

お名前、お誕生日、身長に体重。そして、柄の裏側にはパパとママからのメッセージを刻みました。姉妹仲良く同じデザインのスプーンです。

お食い初めスプーン

お食い初めスプーン

お姉ちゃんのお食い初めスプーンのオーダーをいただいたのは今回が2回目。残念なことに以前お作りしたスプーンはなくしてしまったんだそうです…。いつも使っていただいていたようで、いつものスプーンがいいとお姉ちゃん用も一緒にオーダーをいただきました。

spoonのお食い初めのスプーンは純銀で、磨く前の真っ白なままでお渡ししています。とてもやわらかいので、使っているうちに歯や食べ物などいろんなものがスプーンに当たって次第に光ってきます。

きっとなくなってしまったお姉ちゃんのスプーンは光っていたと思います。妹ちゃんと一緒に美味しいものをたくさん食べて光らせてね。