おばあさまの婚約指輪を使いやすく

今日は節分ですね。
お寿司屋さんの前には、臨時の恵方巻受け渡し用テントが張られていました。
ずっと前に、仕事帰りに、お休みだった先輩の家にお刺身を持って押しかけて、みんなで無言で手巻き寿司を食べたことを思い出しました。夕方になってからの「今日は節分だから恵方巻を食べに行ってもいいですか。」によくOK出してくれたなぁ。

 

リメイク前の譲られた婚約指輪
before/譲られた婚約指輪
譲られたおばあさまの婚約指輪。おばあさまは、本当にいっつも着けてらしたそうです。
高さがあるデザインなのですが、爪の大きさとデザインからおばあさまが婚約された時代のリングではなく、一度はリメイクされてそうです。

婚約に当たり、おばあさまのこの指輪をリメイクしたいとご相談いただきました。おばあさまがいつも着けていたこのデザインは好きだけれど、高さがあって使いにくいと・・・
デザインはあまり変えず、石の高さを落としてサイズ直しをすることになりました。

高さを落として使いやすくリメイク
after/高さを落としたリメイク後

高さを落とすだけでも随分使いやすくなります。
たくさんお着けになられていたので、地金部分にキズがたくさんありリングの内側は汚れが。
「こんなにきれいだったなんて!」とても驚かれていました。

おばあさまが日常的に着けられていたリング。きっと、おばあさまにとって特別大切なリングなのだと思います。
少し形を変えてお孫さんがこれから着けていきます。おばあさまにとってもお孫さんにとっても、さらに特別なリングになったのではないでしょうか。

オオハラでした。