大きな手で小さなリングを手作り♪

福岡は、例年より今年は少し暖かいような気がします。まだまだ、自転車通勤の後は汗ばむことがあります。
それでも、秋は確実に深まっていて寒がりな飼い猫との距離が近づいています♪お風呂からあがるとフリースの中に入ってくるんです(いや、正確には押し込んでます)。至福のひとときです。

 
男性と女性のリングサイズが20号近く違うお二人が、マリッジリングを手作りされました。

大きな手で背中を丸め、女性用の華奢なリングを作る男性。華奢なリングは、折れやすくて大きな手に持て余し気味(もし折れてしまっても、すぐに職人が修理します!)。
小さな手で大きな大きな彼のリングをがんばってつくる女性。大きなサイズのリングは、削る面積が広くてなかなか大変なんです。

原型完成 /></div>
<p><span style=原型完成!

原型が完成しました。遠近法ではなく、こんなに手のサイズが違うお二人なんです。
リングの厚みにもよりますが、男性と女性のリングサイズの差が10号以上あれば、男性のリングの内側に女性のリングがすっぽり入ります。お二人のサイズの差は20号弱。すっぽりどころか、ぶかぶかです。

二人で作ったミル打ちマリッジリング /></div>
<p><span style=pt900ふたりで作るマリッジリング/ミル打ち

お作りいただいたリングに職人がミル打ちを施しました。
微妙な揺らぎが、お二人にお作りいただいた証ですね。

手の大きさとは全く違うサイズのリングをつくられたお二人。
「彼女の手はこんなに小さいんだな」「彼の手はこんなに大きいんだな」
お互いのリングを作り合いながら、再確認されたことと思います。

オオハラでした。