新しい組み合わせのエンゲージリングとマリッジリング

先ほどブライダルリングをオーダーされたお客さまが、無事結婚式が終わったから・・・とお店に寄っていただきました。

年末に海外のリゾートでお式を挙げられたお客さま。お友達がつくられたというウェディングドレスがとってもお似合いでした。シンプルだけど、形が少し個性的なウェディングドレス。お友達がつくられたということで、思い入れやこだわりがたくさんあるのだと思います。

ドレスだけでなく、結婚式に関わるいろんなことにこだわりを持って準備されたんだろうなというのがわかるお写真たちでした。

そんなおふたりにブライダルリングはspoonでオーダーすることを選んでいただいたこと、とても嬉しく思います。

おふたりはK18ピンクゴールドの「小枝」のエンゲージリングと、Pt900とK18ピンクゴールドの「pink mil(ピンクミル)」をオーダーされました。肌馴染みのよいピンクゴールドに、白いダイヤモンドがすごく映えます。

テクスチャが入った「小枝」と鏡面の「pink mil(ピンクミル)」。同じピンクゴールドを使用しているからか、重ねると雰囲気がぴったり合います。

「せっかくご来店いただいたのだから、マリッジリングの新品仕上げをしましょうか?」

とお伺いしたのですが

「結婚式ではめてもらった指輪を外したくないから・・・」

と新品仕上げはご希望されませんでした。私たちがつくったリングは、彼にはめてもらうことでさらにさらに特別なリングになったんだなぁと実感しました。

 

お忙しいところspoonに寄っていただきありがとうございました。とても嬉しかったです♪幸せのお裾分けをいただきました。おいしいお土産もありがとうございます!

オオハラでした。