想いを受け継ぐリフォームエンゲージリング

こんにちは、くわずるです。

先日、長崎県諫早市にある諫早公園に行ってきました。
数年前に住んでいたときに たまにお出かけしていた場所で、
久しぶりに遊びに行きました。

公園の入り口には眼鏡橋。
天気も良くて、きれいに眼鏡が見えました。

緑いっぱいの石段を登っていくと

大きな大きな楠木があります。
樹齢約600年。

写真では少し分かりにくいかもしれませんが、とっても大きい!
数年前と変わらなくて、懐かしくて、温かい気持ちになりました<。 さて! 前置きが長くなってしまいましたが、 今日は、K様・S様のエンゲージリングのご紹介です。 男性のK様のお母様から譲り受けられたという大切なリングを リフォームさせていただきました。 お母様もどんなデザインがS様に似合われるかを考えられていたようで、 来店される前にメールでやりとりをされていたようです。 かわいいお嫁さんがくるのを楽しみにされているんだろうなぁ。 S様が決められたデザインが「feuille(フィーユ)」

普段でも着けやすいように石座の高さをおさえています。
S様のように、凛とした華やかさがあるデザインです。
よくお似合いでした。

内側の刻印はS様には内緒で、
K様からメッセージをお預かりし、刻ませていただきました。
素敵なメッセージでしたので、みなさまには内緒です。

「feuille(フィーユ)」とは幸福の葉。
2枚の幸福の葉が重なり、繋がることでお二人の絆や想いが
もっと強く深くなってほしいという気持ちを込めてデザインされたものです。

お二人の「feuille(フィーユ)」は、お母様から譲り受けられたダイヤが
しっかり繋げてくれていますので、何だか心強いですね!

spoonではお母様やおばあ様から譲り受けられた大切なリングなどを
リフォームさせていただくことが多くあります。
大切なダイヤや想いはそのまま。
デサインを変えて、受け継いでいけるって素敵ですね。

今日も皆さまに ひとすくいの幸せが届きますように♪