福岡けやき通り,エンゲージリング(婚約指輪)について,
エンゲージリング(婚約指輪)について エンゲージリング(婚約指輪)について

決意と想いのカタチ

男性から女性へ贈るエンゲージリング。
エンゲージリングには贈る「意味」があります。
エンゲージリングに込められた
「一緒に幸せになろう」「一生大切にします」という男性の決意。
エンゲージリングを受け取った女性は、エンゲージリングを見るたびに
男性の決意を感じ、幸せな気持ちになれるのです。

エンゲージリング(婚約指輪)について

決意の証

「途切れることのない」円の形をしているリングは、古くから愛する人への「終わりのない永遠の愛情」を表す、愛の象徴だと言われています。愛する人への決意や想いが込められ、カタチにしたものがエンゲージリングです。だからこそ、愛する人へエンゲージリングを贈るということは、とても尊く、意味のあることなのです。エンゲージリングを贈られたときの女性の最高の笑顔は、男性にとって 何ものにも代えがたい心の支えとなるでしょう。
また、エンゲージリングはお二人だけの証とは限りません。エンゲージリングを贈られた女性のご両親は、「娘を心から愛してくれる人と結婚できてよかった」と、大事に育ててきた娘を安心して送り出すことができます。男性の決意の証はお二人に関わる全ての人たちへの証にもなるのです。

幸せを感じる

彼が自分のために想いをエンゲージリングというカタチにして伝えてくれたこと、自分のために少し頑張ってエンゲージリングを用意してくれたこと、用意してあげたいと思ってくれたことが女性にとっては とても大切なのです。その気持ちがとてもとても嬉しいのです。ふとエンゲージリングを見るたびに、その嬉しい気持ちを感じることができるなんて幸せですよね。
これからお二人が歩まれる人生には色々なことが起きるでしょう。楽しいとき・嬉しいときは、いつまでも変わらない輝きで華やかさを与えてくれる存在に。辛いとき・悲しいときは、「一緒に頑張ろう」「支えていこう」と、それらを越えていける力を与えてくれる存在になるはずです。

エンゲージリング(婚約指輪)について
エンゲージリング(婚約指輪)について

エンゲージリングのその後

「エンゲージリングは婚約期間に着けるもの」そう思っていませんか?
実は、エンゲージリングは結婚後にこそ着ける機会は増えます。ご親族の集まり、お子様の学校行事、結婚記念日、同窓会、パーティーなど着ける機会はたくさんあります。最近では、イベントだけではなく、普段でも着けたいという方も増えています。少しカジュアルなデザインを選んだり、マリッジリングと重ね着けできるデザインを選んだりすると、普段使いがしやすくなるのでおすすめです。
彼の想いが込められたリングだからこそ、お二人がおじいちゃんとおばあちゃんになるまで、長く着けていただきたいと思っています。そのために、spoonではリングの新品仕上げは生涯無料で行っています。 サイズ直しや変形直し、ダイヤ追加などのメンテナンスもいつでも対応いたします。いつか次の世代に譲られるのも良いかもしれません。 大切な想いをつなぐお手伝いをさせていただきます。