福岡けやき通り,婚約指輪,エンゲージリング,ダイヤモンド,

ダイヤモンドの「4C」

ダイヤモンドの品質はCarat(カラット)・Color(カラー)・Clarity(クラリティ)・Cut(カット)で評価されます。
4つの頭文字をとって「4C」と呼ばれ、世界共通のグレーティング基準によってダイヤモンドの輝き、美しさ、価値を測る目安になります。
spoonでは、ご用意している数あるダイアモンドの中から、ご予算や好みなどご希望に合うものをご提案させていただいております。

Carat(カラット)重量
4Ccarat

宝石の重さを表す単位で、1カラットは0.2gに相当します。
品質が同じダイヤモンドの場合、カラット数が大きくなるほど希少価値が増し評価が高くなります。

Color(カラー)色
4Ccarat

ダイヤモンドのカラーは無色透明から黄色みがかかっていく微妙な色の違いでランクづけ(D ~ Zまでの23段階)されます。
無色透明に近いほど希少価値が増し、評価が高くなります。

Clarity(クラリティ)透明度
4Ccarat

ほとんどのダイヤモンドが内包物(インクルージョン)を含んでいます。これはダイヤモンドが自然によって生み出された天然石であるという証であり、そのダイヤモンドの個性でもあります。
クラリティのグレードは10倍のルーペで拡大検査し、内包物の種類、数、大きさ、色、場所などによってランクづけされ、内包物が少ないほど希少価値は高くなります。

Cut(カット)プロポーション
4Ccarat

カットされたダイヤモンドのプロポーション(仕上げと形)の評価です。他のグレードは天然の状態で評価が決まりますが、唯一、人の技術が関わり評価されるグレードです。
また、ダイヤモンドが持つ高い反射率や屈折率による美しい輝きを最大限引き出すためには、理想的な寸法・角度のプロポーションが必要です。プロポーションのバランスが崩れてしまうと、反射される光の量が少なくなり輝きが鈍くなるため、ダイヤモンドの価値にも影響してきます。
光をどれだけ正確に無駄なく反射できるかが重要となります。

ハート&キューピッド(H&C)
ハート&キューピッドダイヤモンド ハート&キューピッドダイヤモンド

専用のスコープを使い、下部から見るとハート(左)、上部から見ると矢(右)の形が浮かび上がるようにカットされたダイヤモンドのことを「ハート&キューピッド」と呼んでいます。
これはカットが良くなければ見ることができない現象であり、また、左右対称に美しくカットされているという証なのです。