福岡,職人,手作り,結婚指輪,婚約指輪,
spoonの職人

職人がいるからできること

spoonには職人がいます。
だからこそ、できることがたくさんあります。
おふたりの想い、理想をかたちにしていくための
spoon自慢の職人の技術をご紹介します。

デザイン


ミル打ち技法
~ミル打ち~
連続した粒状の彫りをいれたのもで、アンティークジュエリーによくみられる技法。
spoonでは昔の技法をそのままに手打ちで一粒一粒打ち出していきます。
粒の一つ一つがダイヤのように輝き繊細ながら華やかな印象になります。
ミルを打つためのタガネは、ミルの大きさに合わせて職人が自分で作ります。
自作のミルタガネを使い顕微鏡をのぞきながら一粒一粒ミルを打つのは集中力と根気が必要です。
ミル打ちアップ
ミル打ち,ダイヤ
ミル打ち,結婚指輪

 

~コンビ~
プラチナやゴールドなどの異なる地金を合わせたもので、お互いの素材の個性を引き立て合い、単一素材とは違った雰囲気を出すことができます。
重ねる素材によって異なる表情を見せてくれるのも魅力です。
プラチナやゴールドなどの異なる地金を合わせる技法は、それぞれの地金を加工する上での
特性を知っていないと難しい技法です。
プラチナとゴールドは熱を加えた時の熱膨張率が違います。熱を加えてプラチナとゴールドをロウ付け(溶接)し、作業が終わり地金が冷えてくると、膨張していた地金が縮みます。それぞれの縮み具合が違うので、ロウ付けをしたところが剥がれたり歪んだりしやすく、温度管理がとても重要で難易度も高い加工です。
コンビミルダイヤ
コンビダイヤ
コンビミル

 


つち目技法
~つち目~
傷ひとつなくピカピカに磨き上げた丸い金槌で地金の表面をコツコツとたたいて金槌の丸さと輝きをリングの表面にスタンプしていきます。
金槌のサイズ・力の加減で一つ一つの凹凸の面の形や輝きが決まるので、細いリングの表面に打つには熟練の腕と感覚が必要です。
面が細かくなりすぎないように…
強く打ちすぎてリングの形が崩れてしまわないように…
テンポよく感覚を頼りに打ち込んでいきます。
職人が手打ちで仕上げるキラキラとした地金の面は二つとないオリジナルです。
カーロつち目
ラウンドミルつち目
スクエアつち目

 


~つや消し~
地金の表面につや消しを施すことで、ピカピカとした輝きをおさえ上品で落ち着いた質感になります。 部分的につや消しを施すとシャープさが出て男性にも人気です。
鏡面につや消しを施すには、いろいろな方法があります。
スポンジ状のヤスリで、表面のごく浅い部分だけをマットにしたり、タガネで深く模様を入れたり。
摩耗して つや消しが消えてしまわないように、spoonではダイヤモンドポイントという工具で、均一に深めのつや消しを施しています。
つや消しミル
つや消しダイヤ
フラットつや消し

 


つち目技法
~洋彫り~
ヨーロッパで古くから続く伝統技法、タガネと呼ばれる彫刻刀のような工具を使い
手彫りで繊細な模様を彫り込んでいきます。
模様を彫るタガネはひとつひとつ形が違い、模様に合わせてタガネを替えていきます。
植物などをモチーフにしたパターン模様を彫り込んだデザインは繊細で華やかな印象です。
洋彫りサンプル
洋彫りメビウス
洋彫りマリッジリング

強度


一生身に着けていただくブライダルリングにとって
日常生活に耐えられる硬さ、丈夫であることはとても大切なことです。

spoonではおふたりの好みやご希望だけでなく、
ライフスタイル(お仕事、リングを着ける頻度など)をしっかり伺っています。
ライフスタイルが違えば必要とする強度は変わります。
おふたりのお話しを伺った上で、ぴったりの強度のリングをご提案し、お作りいたします。

着け心地


毎日快適に安心して着けていただくために、
spoonは着け心地にこだわって制作しています。

spoonが目指しているのは「指あたりのいいリング」
指に直接触れる内側部分の角を丸く削り、
なめらかに仕上げることで
指の曲げ伸ばしも自然にでき、
着けるときは吸いつくようにするっと入っていきます。

指あたりのいいリングは、
普段リングを着けない方にも違和感なくフィットし、
ずっと着けていたいと思えるリングなのです。

また、着ける人にとっての最高の着け心地のリングにするために、
一つ一つ着ける人の指に合わせて細かい調整を加えていきます。
それができるのは、職人がおふたりと対面し
制作しているからこそ。

まずは、店頭のリングサンプルで着け心地を感じてください。

サイズ


「指のサイズが9号よりは大きいけれど、10号よりは小さい・・・。」
そんな方も多いと思いますが、
サイズが合っていないと着け心地がよくない上に
変形の原因になることも。

根元が太い方や節が大きい方など指の形が違うのはもちろん
指のサイズが違うのは当たり前。
そこで、spoonはぴったりのサイズでお作りするために
9.1号、9.2号、9.3号・・・のように0.1号単位でお作りしています。

着け心地、フィット感はこの0.1号の違いで全く変わってきます。
小さいけれど大きな違いを生む0.1号です。

この大事な0.1号の見極めは私たちにお任せください。
職人が指の形に合わせ、サイズの調整を行ないます。

 

 

アクセス
来店予約