福岡けやき通り,お店について,
spoonのこだわり

ひとすくいの幸せを おふたりに

2001年8月
緑に包まれたけやき通りに
ジュエルプロショップspoonは誕生しました。

今まで10年以上の歴史の中で、
本物の技術を持つ職人たちが確かな品質を守り、
経験と技術を伝えてきました。

spoonの職人が一番大切にしているのは
「想いをかたちにする」ということ。

だからこそ
spoonでは私たち職人が直接おふたりのお話を伺い
ひとつひとつ丁寧に手作りし
お渡しまですべて私たちが行っています。


spoon,福岡市,結婚指輪,マリッジリング,

「彼の好みは 私には可愛くない
彼女の好みは 僕にはちょっと照れくさい」

それぞれのお仕事やライフスタイル、体型だって違うおふたり。好みや価値観が違うのは当たり前です。

マリッジリングは誓いや絆、つながりを表すもの。デザインを同じにする必要はありません。無理に同じデザインにしようとするのではなく、「違うデザインを選ぶ」というのもひとつの選択肢。我慢しない、揉めない、妥協しない。だから一生お気に入りのリングができあがります。

毎日おふたりで身に着けるものだからこそ、spoonは、おふたりの悩みやご希望をしっかりと伺い、おふたりの「想い」や「理想」を「かたち」にします。

spoon,福岡市,結婚指輪,マリッジリング,

職人の技術とこだわり

spoonの職人は、作りやデザインに関して強いこだわりと高度な技術を持っています。

ひとつ例を挙げるなら「ミル打ち」。「ミル打ち」とは、金属のふちに連続した細かい粒(ミル)状の凸凹をつけていく技法のこと。spoonでは、タガネという工具を使って、ひとつひとつ丁寧に手打ちで仕上げていきます。

顕微鏡をのぞきながらの作業は手間もかかりますが、一般的な機械による「ミル打ち」では出せない、手作りならではの温かみのある風合いが喜ばれています。ミルの粒感をしっかりぷっくりと出し、なおかつ、まっすぐそろえて仕上げるのが職人の腕の見せ所です。

また、spoonのタガネもこだわりのひとつ。通常のタガネでは仕上げられないほどspoonの「ミル打ち」はとてもとても細かい。「こんなに繊細で小さいミルは初めて見ました」なんてお声もよくいただきます。タガネだってspoonの職人の手作りなのです。

spoon,福岡市,結婚指輪,マリッジリング,

職人常駐だからこそのメンテナンス

spoonが大切にしていることは、リングを制作しお渡しするまでではなく、その後のメンテナンスまでと考えています。

ずっと美しいリングを着けていただきたいという思いから、新品仕上げは生涯無料のサービスです。
「毎年ダイヤを1石ずつ増やしていきたい」
「つや消しのアレンジを追加したい」
「サイズが合わなくなってしまって…」
お渡し後のお悩みやご希望にも、私たち職人がしっかりと対応いたします。

「子供が生まれたからベビーリングを作りたい」
「手作りのお食い初めのスプーンでお祝いしたい」
「結婚記念日にピアスをプレゼントしたい」
「手持ちのネックレスのチェーンが切れてしまって…」
ブライダルリング以外のご相談にもお応えしています。

ブライダルリングを始まりとして、ジュエリーを通して長いお付き合いをさせていただきたい。それがspoonの考えるメンテナンスです。

spoonの職人

大原 好


ジュエリー職人

長岡 佑太郎


ジュエリー職人